お金を借りる人の心理を大調査

お金を借りる人の心理を大調査 | 相手に迷惑をかけても気にしない | お金を借りる人の性格 | 周囲への依存心が強い

お金を借りるについての情報 / お金を借りる比較メディア

世の中には様々な事情でお金を借りる人がいます。
そんな人たちはどのような心理なのかを大調査しましたので、まとめてご紹介します。
彼氏や彼女、家族、同僚、友達といった人間関係で、お金の貸し借りに直面している人は、お金を借りる人の心理を理解するためにもぜひ参考にしてください。

お金を借りる人の心理

はじめに、お金を借りる人がどのような心理なのかを見てみましょう。

相手のことは考えない

お金を借りる人は「相手のことを考えない」という心理が働いています。
お金を借りる場合、少なからず相手に対して迷惑や心配をかけるものですが、そのようなことを気にすることなくお金を借りることは、相手への配慮が不足していると言えます。
お金を借りる人は相手の都合よりも、お金を手に入れるという自分の都合の方が重要と考えている傾向があり、相手のことは後回しにする心理状態になっています。
また、相手がどのような気持ちでお金を貸すのかや、どんな思いでお金を工面したのか、ちゃんと返済してくれるかどうかが心配といった気持ちは考えないかもしれません。
ほとんどの場合において、相手の都合や心情に対する配慮が欠落している状態と考えて良いでしょう。

相手より優位な立場と考えている

お金を借りる人は、お金を貸してくれる人に対して「優位な立場」にあるという心理を持っています。
例えば、恋人や先輩・後輩、会社での地位(役職)といった、心理的な立場の違いが生じやすい人間関係で生じる傾向があります。
また、日常生活における貸し借りが生じた場合(仕事の穴埋めやちょっとした手助けなど)でも、心理的な優位性を利用してお金を借りようとするかもしれません。
お金を借りる人が心理的な優位性を持っている場合は「依頼を断られることはないだろう」と心理状態になっている可能性があります。